HISTORY

LML社について

LML社は、インドのカンプルにある二輪製造会社です。
1980年代から1990年代にかけて、イタリア Piaggio 社と技術提携を行い、世界的な大衆車である Vespa PX シリーズ を主にインド国内・アジア向けにライセンス生産していました。

1999年には Piaggio 社との提携を解消したことにより、 Vespa や PX 等のブランド名は使えなくなりましたが、ライセンス生産を行っていた工場やライン設備はそのまま保有することが可能になり、今なお鉄製のスクーターを製造し、世界中に輸出しています。

以前から オートバイやモーターサイクルなどと呼ばれるジャンルの二輪も製造していましたが、現在は スクーターに特化。

インド国内仕様車をはじめ、「STAR Deluxe」 「Stella」 「Speedy」 「Xpress」 など 仕向地によって車名と装備を変え、世界各国へ向けて輸出販売しています。

インド国内で 最も優れた技術力と販売力を備えた リーディングカンパニーとして、今なお成長を続けている LML社。

また商品の品質向上にも努め、ボディの塗装技術、電装部品など車両装備のアップデートが日々実施されており、その発展はめざましいものがあります。

LML Japan

LMLジャパンは、2004年に 有限会社 東京ヴェスパを主体として設立。
LML社製スクーターの日本総代理店として、輸入業務を本格的に開始しました。

これまで数多くの車両を取り扱ってきた経験から、LMLスクーターは品質・価格などのバランスに優れていると判断し、日本全国に販売店を増やしてきました。

LML純正部品の在庫確保、正規ディーラーでのメンテナンス技術の向上など、LMLジャパンでは車両販売後のアフターサービスも充実させるよう 努めております。

全国各地の展示会 ・ 試乗会イベントなどにも積極的に参加しておりますので、イベント会場でも LMLスクーター の魅力に触れてみてください。